格安航空券の仕組み

格安航空券は文字通り安い金額で販売されているチケットであり、負担を抑えて旅行を楽しみたいと考えている方々が購入しています。 当サイトでは格安航空券の仕組みについて述べるようにし、購入する流れとトラブルに関してもご紹介します。 格安航空券の仕組みはシンプルでツアー用に作られた航空券を旅行会社側の方に卸してバラ売りすることで安い金額にしており、経済的活動の促進を目的として行われているのです。

また格安航空券は閑散期と呼ばれる時期に人を集めることも目的として作られており、6月や11月頃になると多めに売り出されます。 季節による料金変動のことをシーズナリティと呼び、この時期になると多くの方々が格安航空券を購入し始めます。 更にこうしたチケットは有効期限の制限が短く航空会社の都合を考えて作り出しているので、このような点も影響して販売価格は安くなりました。

その他にも格安航空券にはOPENとFIXと呼ばれる2種類のチケットがあり、それぞれ特徴が異なっているので注意しましょう。 OPENは復路の便を滞在先で変更出来る種類のチケットのことを言い、FIXは往路などを変えられないものとなっています。 これらの中でも後者のFIXは往路を変えられない分販売価格が最も安い傾向にあるので、負担を抑えて手に入れたい方には好都合です。 道中ルートを変えることがないといった方々が主に購入し初めている券であり、このようなチケットが登場したのが影響して格安航空券の知名度が上がりました。

▽特選サイト
格安航空券の予約も出来る航空券の総合比較サイトです ⇒ 航空券

 

Copyright © 2014 格安航空券の仕組み All Rights Reserved.